コンゴ東部紛争での性暴力

白戸圭一
執筆者:白戸圭一 2010年9月10日
カテゴリ: 文化・歴史 国際
エリア: アフリカ

 コンゴ民主共和国に展開する国連平和維持活動「国連コンゴ安定化派遣団(MONUSCO)」が、同国東部の北キブ州で起きた武装勢力による集団レイプ事件を防げなかったことに対して批判が集まっている。

 まず、事件の概要を記しておきたい。
現地で人道支援活動を続ける米国の医療支援団体「インターナショナル・メディカル・コープス」がAFP通信に明らかにしたところによると、集団レイプは7月30日から8月3日にかけて、北キブ州のルブンギ村とその周辺の複数の村で発生し、少なくとも242人の女性がレイプされ、医療施設に運ばれたという。
同団体によると、同国東部を活動拠点にしているフツ人反政府勢力、ルワンダ解放民主軍(FDLR)と地元民兵組織マイマイの犯行だというが、FDLRは関与を否定している。FDLRは隣国ルワンダで1994年に発生したルワンダ大虐殺の加害者側の軍人たちが報復を恐れてコンゴに逃亡し、コンゴ政府の事実上の庇護の下で組織した武装勢力である。

 問題は、MONUSCOがルブンギ村から約6キロ離れた地点に活動拠点を置いていたことだ。MONUSCOはコンゴの民間人に対する残虐行為の防止を主な任務としているが、国連側の説明では、事件について知ったのは1週間以上たった8月12日だったという。さらに、米紙ニューヨーク・タイムズが、レイプが始まった7月30日に武装勢力の活動の活発化を知らせる電子メールが現地の国連関係者の間で共有されていたと伝え、MONUSCOの対応が俄然、問題視されることになった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
白戸圭一
白戸圭一 三井物産戦略研究所国際情報部 中東・アフリカ室主席研究員。京都大学大学院客員准教授。1970年埼玉県生れ。95年立命館大学大学院国際関係研究科修士課程修了。同年毎日新聞社入社。鹿児島支局、福岡総局、外信部を経て、2004年から08年までヨハネスブルク特派員。ワシントン特派員を最後に2014年3月末で退社。著書に『ルポ 資源大陸アフリカ』(東洋経済新報社、日本ジャーナリスト会議賞)、共著に『新生南アフリカと日本』『南アフリカと民主化』(ともに勁草書房)など。
comment:1
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順