中国と欧米の援助政策の違い

平野克己
執筆者:平野克己 2010年9月10日

(9月6日のエントリ「チャイナ・ダック協議体とは?」 http://www.fsight.jp/blog/5720 にコメントを下さった「つるりん」さんへの回答です)

 中国の対スーダン外交や対ジンバブエ外交が、それぞれの国民や周辺諸国に悪い影響を与える可能性があるのはたしかで、これについては中国自身も苦悩しているという印象を私はもっています。

 天安門事件のときの日本の対応が思い出されます。このとき日本政府は欧米諸国と一線を画し、対中制裁に与しなかったことで国内外の批判を浴びました。このときの政策の功罪に関しては国内でも未だ評価が定まっていないようですが、いずれにしろ日本はそういうスタンスをとった。

 外交原則としての内政不干渉がODAにおいて崩れていったのには、いくつか背景がありました。もっともな点も多々あります。アフリカの権力実態に詳しい欧米の研究者が描き出すアフリカ政治の姿はすさまじく、彼らの報告を読むと、援助停止や制裁を発動できない援助など無力だとの思いを抱かせられます。

 しかしその一方で、ではどうすればよいかの政策論は希薄です。オックスフォード大学のコリアーは「低所得国にあって最大の不安定化要因は複数政党制選挙なのであり、これを要求する際には選挙後数年のフォローアップ措置を提供しなければならない」と提言しています。外交の限界をシビアに指摘する議論はなかなか出てきません。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
平野克己
平野克己 1956年生れ。早稲田大学政治経済学部卒、同大学院経済研究科修了。スーダンで地域研究を開始し、外務省専門調査員(在ジンバブエ大使館)、笹川平和財団プログラムオフィサーを経てアジア経済研究所に入所。在ヨハネスブルク海外調査員(ウィットウォータースランド大学客員研究員)、JETRO(日本貿易振興機構)ヨハネスブルクセンター所長、地域研究センター長などを経て、2015年から理事。『経済大陸アフリカ:資源、食糧問題から開発政策まで』 (中公新書)のほか、『アフリカ問題――開発と援助の世界史』(日本評論社)、『南アフリカの衝撃』(日本経済新聞出版社)など著書多数。2011年、同志社大学より博士号(グローバル社会研究)。
comment:4
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順