続・現代アフリカの紛争(読者質問への回答その1として)

白戸圭一
執筆者:白戸圭一 2010年9月14日
カテゴリ: 文化・歴史 国際
エリア: アフリカ

 コンゴ東部紛争での性暴力について前回書いたところ、読者の方からいわゆる「部族対立」と現代アフリカの紛争の違いについて説明して欲しい、というご質問を頂戴しました。回答が遅くなり大変失礼致しました。

 まず、「部族」という用語ですが、日本の社会科学系アフリカ研究者で「部族」の用語を使って論文を執筆する人はほぼ皆無となりました。国際援助機関などの文書でも、ほとんど「部族」は使われていません。現在でもこの言葉を不用意に用いる情報伝達者は、残念ながら日本国内においてはメディア関係者のみというのが現状です。
「集団の成員の数が多い場合は民族、少ない場合は部族」という漠然とした認識も存在しますが、スペイン国内のバスク人が人口200万人程度でありながら「民族」「バスク人」として表記される一方、人口900万に達する南アフリカのズールーについて「ズールー族」「部族」と表記することには合理性がないと思われます。したがって、本欄では原則として「民族対立」と表記することをご了承下さい。敢えて「部族対立」と表記する場合は、そうした言葉を不用意に用いる一部メディアへの批判的な意味を込める場合に限ることとします。

前置きが長くなって申しわけありませんが、主にメディアによって流布された「部族対立」という認識の枠組みは、現代アフリカのほぼ全ての紛争が実際には国内・国際政治の産物だという事実を理解するうえで、大きな障害になってしまっています。「部族対立」という用語には、二つの「部族」が伝統的かつ恒常的に対立しており、現代の紛争もその延長上にあるかのようなイメージがあるからです。アフリカ報道に携わってきた者の一人としては責任を感じざるを得ません。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
白戸圭一
白戸圭一 三井物産戦略研究所国際情報部 中東・アフリカ室主席研究員。京都大学大学院客員准教授。1970年埼玉県生れ。95年立命館大学大学院国際関係研究科修士課程修了。同年毎日新聞社入社。鹿児島支局、福岡総局、外信部を経て、2004年から08年までヨハネスブルク特派員。ワシントン特派員を最後に2014年3月末で退社。著書に『ルポ 資源大陸アフリカ』(東洋経済新報社、日本ジャーナリスト会議賞)、共著に『新生南アフリカと日本』『南アフリカと民主化』(ともに勁草書房)など。
comment:4
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順