中国をどう考えるか。

執筆者:フォーサイト編集部 2010年9月21日

 本日の更新記事は6年ぶりの復活連載「国際論壇レビュー 中国――海洋から始まる『覇権の移動』」。名著『大国の興亡』で知られるポール・ケネディ氏は、英王立国際問題研究所発行の『ザ・ワールド・トゥディ』で、生産力で他を圧倒する国が出現すれば、政治・軍事上の力のバランスはその国へと着実に傾いていくと主張し、その軍事バランスの変化は海洋で見られる、と説いています。もちろんここで言及されているのは中国のことです。 筆者は共同通信編集委員の会田弘継さん。国際論壇の最前線へとご案内します。

「専門家の部屋」には5つの新エントリがあります。「アフリカでエリート主義について考える」(アフリカ)、「復活した『経済財政担当大臣』の仕事は何なのか?」(行政ウォッチング)、「尖閣諸島問題の解読には三つの視点が必要」(中国)、「中国スパイの送還も検討する米当局の憂鬱」(インテリジェンス)、「もう1つのカストロ発言」(中南米)。

 尖閣沖衝突事件の波紋はますます広がっています。「フォーサイト・フォーラム」にトピック「尖閣沖衝突事件について」を設定いたしましたので、そちらにも是非ご参加ください。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
comment:2
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順