尖閣問題と普天間移設と南シナ海問題は相互に関係している

渡部恒雄
執筆者:渡部恒雄 2010年9月21日
カテゴリ: 国際 外交・安全保障
エリア: 北米 日本

 日本では菅新内閣がスタートしたが、米国は菅首相の党首選の勝利をライバルの小沢氏よりも歓迎しているようだ。それを物語るのは、党首選前の9月11日付のワシントンポスト紙の直截的な社説だった。そのタイトルは、「日本の選挙―『単細胞』のアメリカ人は関心を示したほうがいいだろう」(`Simple-minded` American might want to pay attention)といって、小沢氏の「米国人は単細胞」発言に引っかけた毒のあるものだった。この社説は、小沢氏が米国人を「単細胞」呼ばわりした発言に言及しながらも、彼の米国人への偏見よりも深刻なことは、普天間飛行場の移設合意を再交渉しようとしていることだと喝破している。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
渡部恒雄 わたなべ・つねお 笹川平和財団特任研究員。東京財団上席研究員(非常勤)。1963年生れ。東北大学歯学部卒業後、歯科医師を経て米ニュースクール・フォー・ソーシャルリサーチで政治学修士号を取得。1996年より米戦略国際問題研究所(CSIS)客員研究員、2003年3月より同上級研究員として、日本の政党政治、外交政策、日米関係などの研究に携わる。05年に帰国し、三井物産戦略研究所を経て2009年4月より東京財団上席研究員。2016年10月より現職。著書に『「今のアメリカ」がわかる本』など。
comment:4
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順