「三国干渉に匹敵する国難」

執筆者:フォーサイト編集部 2010年9月28日

 民主党の有志議員43人は、尖閣諸島問題について仙谷官房長官に「建白書」を提出。今回の事態を「日清戦争後の三国干渉に匹敵する国難で、日本国民として痛恨の極み」と表現しています(28日付読売新聞)。菅首相は10月4、5日にブリュッセルで開かれるアジア欧州会議(ASEM)首脳会議に出席し、日本の立場を国際社会に訴えることにしました。失地回復に期待は持てるのでしょうか。「フォーサイト・フォーラム」では、活発な議論が続いています。

 本日の更新記事は、ジャーナリスト・鷲尾香一さんの「ペイオフのある銀行、ない銀行」。日本振興銀行に対し初めてペイオフが発動されましたが、「幻のペイオフ」と言われるのが2002年の宮内庁信組案件。このときはなぜ中止になったのか?いずれにしても、今回の措置は、当局にとって重要な「練習」となりました。

「専門家の部屋」では、「アメリカ」に「『共和党・茶会党連合』を訴える共和党有力者」の新エントリ。米国・共和党は、茶会運動といかに連動するかに頭を悩ませているようです。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順