尖閣、レアアース、原子力

執筆者:フォーサイト編集部 2010年9月29日

 本日付日経新聞1面は、アメリカやオーストラリア、カザフスタンなどが、レアアースの生産拡大に乗り出したことを伝えています。そもそも中国はレアアースの輸出管理を強化していましたが、尖閣問題でレアアース輸出を外交問題に絡めたことも、各国の危機感を募らせる結果となるでしょう。毎日新聞では仏文学者の鹿島茂さんが、ホッブズの言葉を引きながら、「国際関係においても『共通の権力』が存在する」と信じる我が国の「甘い認識の独善性」に触れた上で、「したたかに見えて本当は賢くない中国外交の本質」を指摘しています。

 本日の更新記事は、新田賢吾さんの「再処理工場に揺さぶられる日本の原子力」。日本のエネルギー政策の命運を左右する、使用済み核燃料再処理工場の現状と問題点に迫ります。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順