アフリカを生き抜く日本人の力

平野克己
執筆者:平野克己 2010年10月2日
カテゴリ: 国際 文化・歴史 社会
エリア: アフリカ

 現下日本の最大のアフリカ投資は、住友商事が27.5%を出資しているマダガスカルのアンバトビープロジェクトだ。ニッケルとコバルトを採掘して精錬し、日本と韓国で販売するというもので、韓国の国営資源会社コレスも同率で出資している。鉱山開発、搬出路と精錬工場の建設、港湾の拡張工事が2007年に始まり、予定通り進捗すれば2013年にはフル操業に入る。そうなれば世界ニッケル生産の4%を占めるようになり、コバルトでは最大生産者になる。日本のレアメタル自給率をいっきに高めてくれるし、最貧国マダガスカルにとっては輸出倍増、GDPも25%増大するという壮大なメガ・プロジェクトだ。

 昨年、プロジェクト事務所のあるマダガスカルのトアマシナに赴いた。天候が荒れれば飛行機が飛ばず、7時間かけて陸路で行かなければならないという町である。住友商事から派遣されているN氏とも会い、食事をご一緒した。N氏とは南アフリカ駐在時からの知り合いで、ヨハネスブルグでは、端正な容貌と都会的な所作でシティー派商社マンとして鳴らしていた。
「ここでの勤務は、数週間連続で働いたあと1週間の帰国休暇という、完全に鉱山会社のスタイルです。」
N氏はすっかり“山男”風になっていた。私たちが入った雨季のトアマシナはあちこちで道路が冠水し、ホテルの部屋では蚊がブンブン唸っている。町を歩けば「金をくれ」と子供たちが寄ってくる、見慣れた最貧国風景だ。N氏はアンバトビープロジェクトの立ち上げから参画していた資源のプロだが、いまは現場で日の丸を背負っている。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
平野克己
平野克己 1956年生れ。早稲田大学政治経済学部卒、同大学院経済研究科修了。スーダンで地域研究を開始し、外務省専門調査員(在ジンバブエ大使館)、笹川平和財団プログラムオフィサーを経てアジア経済研究所に入所。在ヨハネスブルク海外調査員(ウィットウォータースランド大学客員研究員)、JETRO(日本貿易振興機構)ヨハネスブルクセンター所長、地域研究センター長などを経て、2015年から理事。『経済大陸アフリカ:資源、食糧問題から開発政策まで』 (中公新書)のほか、『アフリカ問題――開発と援助の世界史』(日本評論社)、『南アフリカの衝撃』(日本経済新聞出版社)など著書多数。2011年、同志社大学より博士号(グローバル社会研究)。
comment:2
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順