尖閣事件はいかにして起こったのか?

執筆者:フォーサイト編集部 2010年10月5日

 アジア欧州会議(ASEM)出席のためブリュッセルを訪問中の菅直人首相は、ワーキングディナーの際に会場外の廊下の椅子に座って中国の温家宝首相と話をし、日中関係について「今の状況は好ましくない」という認識で一致したのだそうです。 

 本日の更新記事は、ジャーナリスト・藤田洋毅さんの「尖閣問題”燎原の火”を点けた『酒乱船長』の暴走」。大きな外交問題に発展した尖閣沖衝突事件の真相に迫ります。

「専門家の部屋」には、3本の新エントリがあります。

「中南米」は「曲がり角に立つ急進左派政権(1)(エクアドル)」。大統領が一時監禁状態に置かれたエクアドルの混乱。

「アメリカ」は「オバマ政権『高官人事』の波紋」。オバマ政権は泥船なのか?

「インテリジェンス」は「インドでも高まる中国の軍事的脅威」。中国に対する警戒感は、ますます広がっています。

「フォーサイト・フォーラム」では、「小沢一郎氏 強制起訴の波紋」という新トピックを立ち上げました。会員の皆様のご意見をお待ちします。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順