アフリカ連合という「不思議」

白戸圭一
執筆者:白戸圭一 2010年10月13日
カテゴリ: 国際 外交・安全保障
エリア: アフリカ

 国連総会は10月12日、国連安全保障理事会の非常任理事国を改選し、アフリカからは南アフリカが選出されました。他の4カ国はインド、コロンビア、ドイツ、ポルトガル。任期は来年1月から2年。

 アフリカから選出された非常任理事国は、安保理の場で、世界の他地域の代表とは少々異なった役割を果たすことを求められます。アフリカ選出の理事国は、自国の国益の他に「アフリカ代表」としての責務を果たすよう求められる機会が多いのです。その最大の理由は、アフリカ53カ国で構成する地域機構「アフリカ連合=AU」の存在感です。

 AUという地域機構は、実に興味深い、内部で不思議な政治力学が働いている組織です。

 AUの前身は1963年発足のアフリカ統一機構(OAU)です。OAUは積年の植民地支配に苦しみ続けたアフリカ諸国が「反植民地主義」と「反アパルトヘイト=反人種差別」などを軸に結集した地域機構でしたが、独立後のアフリカ諸国の政治経済の混乱の中で主導権を発揮することができず、1980~90年代には「独裁者クラブ」と揶揄されるまでに存在意義を低下させました。

 2002年、このOAUが発展解消する形で発足したのがAUです。組織内に常設の平和安全保障委員会を設置したり、国連PKOをモデルにしたAU独自のPKOをスーダンやソマリアに派遣するなど、アフリカの平和構築と経済発展のために積極的な役割を果たそうとしている点がOAUとは違います。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
白戸圭一
白戸圭一 三井物産戦略研究所国際情報部 中東・アフリカ室主席研究員。京都大学大学院客員准教授。1970年埼玉県生れ。95年立命館大学大学院国際関係研究科修士課程修了。同年毎日新聞社入社。鹿児島支局、福岡総局、外信部を経て、2004年から08年までヨハネスブルク特派員。ワシントン特派員を最後に2014年3月末で退社。著書に『ルポ 資源大陸アフリカ』(東洋経済新報社、日本ジャーナリスト会議賞)、共著に『新生南アフリカと日本』『南アフリカと民主化』(ともに勁草書房)など。
comment:2
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順