撤退は当然「アザデガン開発」の裏側

執筆者:新田賢吾 2010年10月19日
エリア: 中東 日本
イラン包括制裁法案に署名するオバマ米大統領 (c)AFP=時事
イラン包括制裁法案に署名するオバマ米大統領 (c)AFP=時事

 日本の石油開発最大手の国際石油開発帝石(INPEX)が、イランで取り組んでいたアザデガン油田からの撤退を決めた。国際社会が疑念を抱いているイランの核兵器開発を阻止するため、米国が強化する対イラン制裁によって撤退を余儀なくされた。  アザデガン油田は世界の未開発油田としては最大級の260億バレルの埋蔵量を持つといわれる。INPEXは2004年に開発権益の75%をイラン政府から取得した。しかし、当時からすでにイランは核開発疑惑を持たれており、米国はINPEXと経済産業省に対し、アザデガン開発から手を引くよう圧力をかけていた。米の要求に従って、同社は06年に権益比率を一気に10%まで引き下げ、開発のメインプレイヤーの座を降りた。今回はさらに完全な撤退となる。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:3
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top