紛争研究、平和研究

平野克己
執筆者:平野克己 2010年10月15日
カテゴリ: 文化・歴史 国際
エリア: アフリカ

 6年前に南アフリカに赴任したとき、私の後任としてアジア経済研究所(通称アジ研)のアフリカ研究グループ長を引き継いでくれたのが、武内進一君だった。現在は、請われてJICA研究所に出向している。
 武内君は東京外大フランス語学科の出身で、チュニジアの日本大使館で派遣員として働いたあとアジ研に入り、研究者としてのキャリアを仏語圏アフリカの農業農村研究から始めた。しかし、最初の研究対象国に選んだザイール(現コンゴ民主共和国)が政情不安に陥り、かわりに赴任したコンゴ共和国では内戦に巻き込まれた。このときの過酷な実体験が彼を紛争研究に向かわしめるのである。アフリカ農産物流通に関する論文を仕上げてから彼は、一転、1994年に起こったルワンダ大虐殺を研究テーマにすえた。

 ルワンダ農村をまわって虐殺の傷跡をみずからの目と足で検証していたころの彼の姿は、強く印象に残っている。あるとき、むしられたような無残な髪を頭にのせて帰国したので「すわ!襲われたか」と思ったが、「調査中に邪魔くさいので自分でジャキジャキ切った」とのこと。よくもまぁあの頭で通勤してきたものだ。
 数冊の編著をアジ研から出したが、その後彼の研究成果は分厚な博士論文となって結実し、2008年に東大から博士号を授かった。この論文は『現代アフリカの紛争と国家』となって出版され、2009年のサントリー学芸賞を受賞した。サントリー学芸賞がアフリカ研究に与えられたのはおそらく初めてだ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
平野克己
平野克己 1956年生れ。早稲田大学政治経済学部卒、同大学院経済研究科修了。スーダンで地域研究を開始し、外務省専門調査員(在ジンバブエ大使館)、笹川平和財団プログラムオフィサーを経てアジア経済研究所に入所。在ヨハネスブルク海外調査員(ウィットウォータースランド大学客員研究員)、JETRO(日本貿易振興機構)ヨハネスブルクセンター所長、地域研究センター長などを経て、2015年から理事。『経済大陸アフリカ:資源、食糧問題から開発政策まで』 (中公新書)のほか、『アフリカ問題――開発と援助の世界史』(日本評論社)、『南アフリカの衝撃』(日本経済新聞出版社)など著書多数。2011年、同志社大学より博士号(グローバル社会研究)。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順