映画「南京!南京!」は抗日映画か(1)

野嶋剛
執筆者:野嶋剛 2010年11月5日

 

「南京!南京!」という南京大虐殺をテーマにした映画が昨年、中国で上映されました。私は中国と台湾で2回観て、日本でいつされるのかと待っていましたが、現時点でまだ上映されていないようなので、日本の読者のために、この欄で少し書いてみたいと思います。

監督は陸川氏。姓が陸、名前は川です。日本人ではありません。中国で中堅の実力派監督です。「南京!南京!」には日本人俳優も数人出演していました。その一人で、映画のなかで「伊田」という日本兵として重要な役割を演じた木幡竜さんと先日、都内で一緒に食事をしました。

1976年生まれの木幡さんは大学卒業後、日本でプロボクサーとして連戦連勝を重ねましたが、映画の世界に飛び込んだ変わり種です。陸川監督と知り合ったのをきっかけに北京に移住しました。

 いま、映画市場として急成長する中国には多くの日本人俳優が単身渡って活躍の場を求めるようになっています。しかし、日本人の男性俳優に対し、中国では「抗日映画」の兵士役というステレオタイプのキャストが与えられることがやたらに多いのですが、木幡さんは「抗日映画には出ない」というポリシーを掲げてやっています。
 
「南京!南京!」は、南京大虐殺をテーマにはしていますが、日本軍による大量殺害やレイプなど残酷なシーンも描かれる一方、捕虜を逃して自殺する日本兵の葛藤を描くなど、日本兵を悪者として一方的に断罪せず、中国国内でも陸川監督はネット世論などから厳しい批判を浴びました。観客動員では非常に優れた成績を残しましたが、中国の主要映画賞ではほとんど獲得できませんでした。
 
抗日映画に出ないという木幡さんに「南京!南京!」は抗日映画ではないんですか、と聞いたところ、木幡さんははっきりと「自分は違うと思う」と言い切りました。  (=つづく。野嶋剛)
この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
野嶋剛
野嶋剛 1968年生れ。ジャーナリスト。上智大学新聞学科卒。大学在学中に香港中文大学に留学。92年朝日新聞社入社後、佐賀支局、中国・アモイ大学留学、西部社会部を経て、シンガポール支局長や台北支局長として中国や台湾、アジア関連の報道に携わる。2016年4月からフリーに。著書に「イラク戦争従軍記」(朝日新聞社)、「ふたつの故宮博物院」(新潮選書)、「謎の名画・清明上河図」(勉誠出版)、「銀輪の巨人ジャイアント」(東洋経済新報社)、「ラスト・バタリオン 蒋介石と日本軍人たち」(講談社)、「認識・TAIWAN・電影 映画で知る台湾」(明石書店)、訳書に「チャイニーズ・ライフ」(明石書店)。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順