ゆっくり生きるために

執筆者:フォーサイト編集部 2010年11月8日

 本日の更新記事は、大野ゆり子さんの連載「行き先のない旅(86)『ゆっくり生きる』ための試み」。欧州に浸透する「ゆっくり生きる」ための様々な試みをお伝えします。前回の記事では、フランス中で年金改革に反対する大規模なストライキが続く中、ご主人の大野和士さんが首席指揮者を務める国立リヨン歌劇場のオペラ公演の心配をされていましたが、やはり不安は的中。抗議デモに若者たちが呼応し、リヨンでも高級ブティックが並ぶ目抜き通りで商店の打ちこわし、放火が起き、警察はそれに催涙弾で応酬するという暴動になったそうです。予定していた7回の公演は、うち3つが日程の変更を余儀なくされたとのことでした。

 「専門家の部屋」では、3本の新エントリ。
 「食料インフレ~インド政治の鬼門」(インド):インドの食料、流通、インフレの関係。
 「『公共サービス改革』: 『調達改革』はよいが『官業の民間開放』はどうなるのか?」(行政ウォッチング):「本来は民間でもできるはず」の事業を、「官」が独占している理由。
 「TPPと『基本方針』:農業改革はどう動くのか?」(行政ウォッチング):TPP参加に不可欠なはずの農業改革に関する議論も、役所のタイムスケジュールに乗って動いているだけ。

 

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順