クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?
クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?

記者は何を知らせるか

徳岡孝夫
執筆者:徳岡孝夫 2010年11月15日
カテゴリ: 国際

 ミャンマーの総選挙を取材するためタイから国境を越えて入国していたAPF通信の山路徹記者(49歳)が、11月7日にミャンマー当局に身柄を拘束された(9日に解放)。この通信社は、3年前にもミャンマー最大の都市ヤンゴンで反政府デモを取材中の長井健司カメラマン(50歳)が当局側に射殺されている。APFはアジア・プレス・フロントの頭文字だそうである。  ミャンマー政府は「みせかけ民主主義」の仮面を剥がされるのを恐れ、20年ぶりという総選挙の前から外国人記者の入国を禁止していた。 山路記者は、国法を破ったわけである。いわば捕まるのを覚悟でタイから国境を越えて入ったのだろう。入国する前にインターネットのツイッターに、入る理由を簡潔に書き残していた。 「入るな!と言われれば、逆にどんな手段を使ってでも入り、取材し伝えるのが私たちの仕事。見ていて下さい、長井さん!」  見上げた覚悟である。こういう目的意識を持っている記者は、常に自由をもっと広く、もっと広くと押し広げていく。そういう意識で書かれた記事が民主主義をその基礎でしっかりと支えるのだ。何億人という読者のいる新聞社、何千社という加盟社のある通信社でも、このspiritを失えば物の役に立たない。大衆を煽ることはできても、賢い判断の基礎にはなり得ない。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
徳岡孝夫
徳岡孝夫 1930年大阪府生れ。京都大学文学部卒。毎日新聞社に入り、大阪本社社会部、サンデー毎日、英文毎日記者を務める。ベトナム戦争中には東南アジア特派員。1985年、学芸部編集委員を最後に退社、フリーに。主著に『五衰の人―三島由紀夫私記―』(第10回新潮学芸賞受賞)、『妻の肖像』『「民主主義」を疑え!』。訳書に、A・トフラー『第三の波』、D・キーン『日本文学史』など。86年に菊池寛賞受賞。
comment:1
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順