金正恩の動静から見えてくるもの

平井久志
執筆者:平井久志 2010年11月17日
カテゴリ: 政治 国際
エリア: 朝鮮半島

 北朝鮮の金正日総書記の後継者として公式化された三男、金正恩党中央軍事委副委員長が9月28日に公然と登場して16日で50日が経過した。

 北朝鮮のメディアなどで公式に確認された金正恩の動静についてまとめてみた。

◎金正恩の登場50日間の動静

◎10・09・28 党代表者会に出席 党中央軍事委副委員長、党中央委員に
◎09・28 錦繡山記念宮殿で党代表者会参加者の記念写真撮影に参加
●10・05 金正日総書記の朝鮮人民軍第851部隊訓練参観に同行報道
▽10・06金正日総書記の銀河水公演観覧に同行報道
▽10・08 金正日総書記の平壌に新設された国立演劇劇場の現地指導に同行報道
◎10・09 党創建65周年中央報告大会に出席
◇10・09 金正日総書記が中国の周永康政治局常務委員率いる中国共産党代表団、と「アリラン」を観覧に同行
◇10・09 金正日総書記が中国の周永康政治局常務委員と会談に同席
◎10・10 金正日総書記の錦繍山記念宮殿参拝に同行
◎10・10 党創建65周年慶祝閲兵式に主席団に金正日総書記とともに登場
◎10・10 平壌で夜行われた朝鮮労働党創建65周年大慶祝夜会に金正日総書記とともに参加
●10・12 金正日総書記が閲兵式に参加した指揮官たちと記念写真撮影に同席報道
◇10・25 中国人民志願軍朝鮮戦線参戦60周年記念大衆大会が平壌体育館で開催され、金正日総書記とともに出席。
◇10・25 金正日総書記の郭伯雄中央軍事委副主席を団長とする中国高位軍事代表団らとの会談、夕食会に同席、
●10・25 金正日総書記の人民軍10215部隊現地指導に同行
◇10・26 金正日総書記の平安南道槍倉郡にある中国義勇軍兵士の墓献花に同行。また桧倉郡にある旧中国人民軍志願軍司令部も訪問。
▽11・01 金正日総書記の管弦楽団「銀河水」の公演観覧に同行報道
○11・03 金正日総書記の慈江道で建設中の熙川発電所現地指導に同行報道
◎11・08 金正日総書記が趙明禄政治局常務委員の霊前を弔問に同行(序列5位)
●11・12 金正日総書記が人民軍3875部隊訪れ、軍事訓練視察に同行

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
平井久志
平井久志 ジャーナリスト。1952年香川県生れ。75年早稲田大学法学部卒業、共同通信社に入社。外信部、ソウル支局長、北京特派員、編集委員兼論説委員などを経て2012年3月に定年退社。現在、共同通信客員論説委員。2002年、瀋陽事件報道で新聞協会賞受賞。同年、瀋陽事件や北朝鮮経済改革などの朝鮮問題報道でボーン・上田賞受賞。 著書に『ソウル打令―反日と嫌韓の谷間で―』『日韓子育て戦争―「虹」と「星」が架ける橋―』(共に徳間書店)、『コリア打令―あまりにダイナミックな韓国人の現住所―』(ビジネス社)、『なぜ北朝鮮は孤立するのか 金正日 破局へ向かう「先軍体制」』(新潮選書)『北朝鮮の指導体制と後継 金正日から金正恩へ』(岩波現代文庫)など。
comment:1
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順