ミャンマー軍事政権を支えるもの

執筆者:フォーサイト編集部 2010年11月18日

 本日の更新記事は、竹田いさみさんの連載「80時間世界一周(71) スー・チーさんは解放されたが」。スー・チーさんは解放されましたが、ミャンマー軍事政権の基盤が揺らいだわけではありません。彼らのもっとも強い支えとなるのは”内政不干渉”の国・中国。ミャンマーについてさらにお知りになりたい方は、画面右上の「検索」欄に「ミャンマー」を入れてクリックしていただければ、2004年10月号以降の記事100件以上が提示されます。

 「専門家の部屋」には2つの新エントリ。

 「金正恩の動静から見えてくるもの」(朝鮮半島):金正恩が表舞台に姿を現わしてから早50日。これまでの動静からわかるのは、中国と軍の重視。今のところ3男の単独行動はありません。

 「オバマ訪印~インドに外交的大量得点」(インド):多くの日本のメディアは、オバマ大統領のインド訪問を米国側からの視点で報じていましたが、インド側からみるとどうだったのか。アメリカはインドに大盤振る舞いをしたようです。

 このほか、米国ご出張中の足立正彦さん(アメリカの部屋)からの新エントリを、本日午後にアップします。

 

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順