グローバリゼーションと拡大CSR

平野克己
執筆者:平野克己 2010年11月28日
カテゴリ: 国際 経済・ビジネス
エリア: アフリカ

 あれほど落ち込んでいた日立グループの業績が、今年に入ってから好調だ。この好調を支えている柱に新興諸国を対象としたインフラ輸出や建機販売があるが、日立はアフリカでも善戦している。大型発注が今後数年にわたって続く南アフリカの発電所建設を初回から受注しているし、南アフリカでは原子力発電所建設の可能性も視野に入っている。日立建機はザンビアにメインテナンス基地を開設、アフリカ全土への拡販体制を整えた。

 その日立が南アフリカでの受注成功に際して課せられた条件のひとつが、自社雇用とは別に、1400人にも上る電力関係技能工の養成であった。40%の実質失業率に苦しむ南アフリカで、雇用創造への貢献を求められたのである。黒人の経済力向上に対する貢献策を用意できたことが、日立の強みとなった。

 以前紹介した日本最大のアフリカ投資、マダガスカルのアンバトビープロジェクトにおいては、広範な地域開発が並行して行われている。ニッケル精錬工場を建設するため立ち退いてもらったコミュニティのため、家屋と農地を一村分まるまる用意した移住先を建設、そこに学校や病院を建て、そこで働く教師や医師もプロジェクトで雇用している。
 アンバトビープロジェクトには現在、鉱山開発および鉱産物搬出のための道路とパイプライン建設でおよそ1万人が雇用されているが、これだけの数の人間がいっきに集まってきたことでこの地域のインフレ率が14%になり、全国平均の10%を上回ってしまった。現地にあるプロジェクト本部はその差4%を解消するため、まず食品産業を地域に興す計画である。いずれは農業振興も視野に入ってくるだろう。建設事業の労働需要が減っていくに従い、新たに興した産業で雇用を生み出し、プロジェクト全体での雇用水準を維持するとしている。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
平野克己
平野克己 1956年生れ。早稲田大学政治経済学部卒、同大学院経済研究科修了。スーダンで地域研究を開始し、外務省専門調査員(在ジンバブエ大使館)、笹川平和財団プログラムオフィサーを経てアジア経済研究所に入所。在ヨハネスブルク海外調査員(ウィットウォータースランド大学客員研究員)、JETRO(日本貿易振興機構)ヨハネスブルクセンター所長、地域研究センター長などを経て、2015年から理事。『経済大陸アフリカ:資源、食糧問題から開発政策まで』 (中公新書)のほか、『アフリカ問題――開発と援助の世界史』(日本評論社)、『南アフリカの衝撃』(日本経済新聞出版社)など著書多数。2011年、同志社大学より博士号(グローバル社会研究)。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順