やぶれかぶれ解散はあるのか

執筆者:フォーサイト編集部 2010年11月30日

 本日の更新記事は、「深層レポート 日本の政治(213) 1月解散をめぐる『親菅』『反菅』の駆け引き」。すでに限界にきている菅政権ですが、万が一解散に打って出れば民主党惨敗は必至。民主党内では水面下で複雑な動きが始まっています。  「専門家の部屋」では、「アメリカ」に「下院外交委員長交代で米外交はどう変わるか」の新エントリ。米下院の次期外交委員長就任が確実視されているロスレイティネン議員は、8歳のときに両親とともにキューバから亡命してきたキューバ系米国人。キューバ、北朝鮮、イランなどの「圧政国家」に対する制裁強化を一貫して支持してきた同氏のイニシアチブで、米外交はどう変わるのでしょうか。  

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順