コートジボワールという国-選挙のあとにくる関門

平野克己
執筆者:平野克己 2010年12月12日
エリア: アフリカ

 呆れるような話だが、現時点でコートジボワールには大統領がふたりいる。現職候補が選挙で負けたことを認めずに居座ったからだ(本欄「選挙の先にあるもの」)。ローレン・バボ(Laurent Gbagbo)の居座りに対しては、アフリカ諸国も国連も猛烈に批判している。

 コートジボワールはなかなかすごい国だ。アフリカ最大の農産品輸出国で、ココア輸出は世界一。ココアのほかにもゴム、綿花、カシューナッツ、バナナといった輸出品をもっている。モノカルチャーではない多彩な輸出農業があるというのは、アフリカでは珍しい。コートジボワールは仏語圏西アフリカにおける製造業拠点だから製造業輸出も多い。産油国でもある。

 なにより、アフリカ近代史における存在感がすごい。
 サブサハラ・アフリカ最初の独立国はガーナで(1957年独立)、ンクルマ初代大統領は急進派のリーダーだった。彼には「アフリカ合衆国」構想があって、アフリカ大陸の政治統合をめざしていた。これに対しコートジボワールのウフェボワニは、仏領アフリカ植民地による協商会議を立ち上げて穏健派のリーダーになった。ウフェボワニはコートジボワールの初代大統領で、1993年に88歳で死去するまで大統領職にあった。
 一方、かのドゴールには、植民地を細かく分割して独立させ、これらを「フランス連合」に糾合するという構想があった。この構想を現地で推進したのがウフェボワニである。急進派はドゴール構想を「アフリカのバルカン化」として嫌ったが、結局ウフェボワニの分権路線が勝利し、アフリカ統一機構(OAU)の創設へとつながっていった。つまり、独立後のアフリカ域内政治はウフェボワニが敷いた道を歩んだのである。
 彼のように西側との協調路線をとった政治家は、腐敗した強権政治家とみられ、評判はよくなかった。だが、植民地時代の遺産を継承できたコートジボワールやケニアは、順調な経済成長を謳歌したのである。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
平野克己
平野克己 1956年生れ。早稲田大学政治経済学部卒、同大学院経済研究科修了。スーダンで地域研究を開始し、外務省専門調査員(在ジンバブエ大使館)、笹川平和財団プログラムオフィサーを経てアジア経済研究所に入所。在ヨハネスブルク海外調査員(ウィットウォータースランド大学客員研究員)、JETRO(日本貿易振興機構)ヨハネスブルクセンター所長、地域研究センター長などを経て、2015年から理事。『経済大陸アフリカ:資源、食糧問題から開発政策まで』 (中公新書)のほか、『アフリカ問題――開発と援助の世界史』(日本評論社)、『南アフリカの衝撃』(日本経済新聞出版社)など著書多数。2011年、同志社大学より博士号(グローバル社会研究)。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順