クリントンの「定年」後に三つの選択肢

2000年1月号
カテゴリ: 国際
エリア: 北米

 来年五十四歳の若さで「定年」を迎えるクリントン米大統領の身の振り方をめぐり、(1)上院議員出馬(2)投資会社役員(3)クリントン図書館長――の三つの選択肢が浮上している。 同大統領は最近のインタビューで、「(別居する)ヒラリーに会える場所は議会しかなさそうだ」とジョークを飛ばし、「(大統領引退後に下院議員を務めた)アダムズ元大統領を見習いたい」と語ったことから、地元アーカンソー州から上院議員に出馬、ニューヨーク州から出馬する夫人とおしどり議員になるとの憶測が流れた。また、親友の黒人弁護士、バーノン・ジョーダン氏が、ニューヨークの投資会社ラザード・フレールの共同経営者に決まったことから、年収百万ドル以上で同社の重役に就任するとの情報もある。ジョーダン氏は不倫もみ消し疑惑で大統領を必死に擁護、大統領は同氏の要請なら断れない立場にある。 大統領の再就職で鍵を握るのは、弁護士料など五百万ドル以上といわれる巨額の借金返済。図書館長を務めながら、一回十万ドル以上の講演料を荒稼ぎするとの見方も強い。講演先では日本が最大市場だけに、「大統領は残る一年、日本に秋波を送る」(政界筋)可能性が高い。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順