クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?
クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?

中国人民帝国万々歳!

徳岡孝夫
執筆者:徳岡孝夫 2000年1月号
カテゴリ: 国際 文化・歴史
エリア: 中国・台湾

 珠江の河口に生えた小さなキノコ。それがマカオである。摘もうと思えばいつでも摘めるのに、四百四十二年間もポルトガルのものだった。返還を喜ぶ北京の新聞は「長いこと親元を離れていた我が子が帰ってきたみたい」と書いたという。大航海時代の最後の遺産。アジアに残る欧州列強最後の植民地が、これで消えた。 ギャンブルに関心ない私は、二度しか行ったことがない。最初は一九六七年の初夏、大陸から溢れ出した文化大革命の取材だった。 時限爆弾が街頭で爆発したり、紅衛兵にやられたらしい手足を縛った死体が何体も珠江を流れて来たり、香港は殺伐たる空気に包まれていたが、マカオは静かだった。相手が遠いポルトガル政府では、紅衛兵も造反する張り合いがなかったらしい。壁新聞や毛沢東語録で、ちょっと革命ごっこをした程度だった。 地元の新聞社に行って教えてもらった話をもとに、記事を書いて一丁あがり。心も軽くカメラマンを誘ってカジノに行った。文革騒ぎを嫌って観光客バッタリ、閑散とした賭場でサイコロの「大小」をやって少し儲け、ナイターのドッグレースで漫々走(ゆっくり走れ)と水雷艇という犬に注ぎ込んで全部スッた。 地元記者の紹介で、宿はポルトガル風のコテージにした。緑濃い庭でポルトガル・ワインにポルトガル料理。といっても本物は知らないが、ちょっとヴァスコ・ダ・ガマ気分に浸った。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
徳岡孝夫
徳岡孝夫 1930年大阪府生れ。京都大学文学部卒。毎日新聞社に入り、大阪本社社会部、サンデー毎日、英文毎日記者を務める。ベトナム戦争中には東南アジア特派員。1985年、学芸部編集委員を最後に退社、フリーに。主著に『五衰の人―三島由紀夫私記―』(第10回新潮学芸賞受賞)、『妻の肖像』『「民主主義」を疑え!』。訳書に、A・トフラー『第三の波』、D・キーン『日本文学史』など。86年に菊池寛賞受賞。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順