「世界中の青空を集めた」 『東京オリンピック作戦 支援に参加した自衛隊員の手記』

執筆者:船橋洋一 2000年1月号
カテゴリ: 文化・歴史 書評

 一九六四年十月十日、東京の国立競技場で、東京オリンピックの開会式が行われた。 その日、東京の空は、澄み渡った。前夜の雨がウソのようだった。「世界中の青空を集めたような青さです」とNHKの実況アナウンサー、北出清五郎は晴れ晴れとした声で表現した。 国旗掲揚。透明な日光が、各国の国旗に降り注ぐ。百十本の旗が、一斉に狂いなく、しずしずと揚がっていく。この間、きっかり二十五秒。 旗の掲揚を担当したのは、自衛隊式典支援群航空旗章隊だった。 国旗掲揚は単純な動作のように見えて、実は極めて難しい。風の強弱、滑車の具合、ポールの位置、長短、掲げ綱のたぐり方、何時間も直立不動で立っていることからくる神経と肉体の緊張……それらが影響を及ぼし、旗に一メートルぐらいの誤差はすぐ出てしまう。 旗章隊は立派に仕事をやり果せた。「開会式においては、陸海空旗章隊、それぞれたがいに手をたずさえるようにして、寸秒のくるいもなく一斉に参加国旗を掲揚し、無事任務を果した」と竹内三男一等空尉(航空旗章隊)は、オリンピックの後方支援をした自衛隊員の手記を掲載した証言集『東京オリンピック作戦』の中で誇らしげに記している。自衛隊の“デビュー”

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順