家電業界が震撼する「エコの時限爆弾」

相次ぐ環境規制への対応が、合従連衡を加速する――「あの悠長な日立が動き出すとは」「業界トップが仕掛けるなら対応を考えなければ」――。九九年十一月中旬から下旬にかけて相次いで表面化した日立製作所とシャープの家電分野での提携、松下電器産業とダイキン工業のエアコン事業での包括提携は、家電業界関係者を震撼させるに十分だった。二つの提携劇のキーワードは「環境」。環境規制への対応を共通目標に急速に合従連衡が進む自動車業界同様、家電業界でも「エコの時限爆弾」が炸裂し、本格再編に突入する可能性が高まっている。 家電業界を取り巻く環境規制とは、九九年四月施行の改正省エネ法、二〇〇一年四月施行予定の特定家庭用機器再商品化法(家電リサイクル法)、フロン使用規制の三つ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順