インテリジェンス・ナウ
インテリジェンス・ナウ

米国が開発を目指す驚異の超小型スパイ装置

春名幹男
執筆者:春名幹男 2000年2月号
カテゴリ: 国際
エリア: 北米

「涙のしずくほどのサイズで、最速のスーパーコンピューターのパワーを持った分子コンピューター」 クリントン米大統領が一月二十七日、任期最後の一般教書演説で、そんな驚異的なコンピューターの開発のため、政府研究開発費を増額する、と明らかにしたので驚いた。 政府支出のハイテク研究開発を正当化するのも大統領の目的であり、割り引いて受けとめる必要がある。だが、その野心的なコンセプトは注目に値する。 奇しくもほぼ同時となった小渕恵三首相の施政方針演説が、借り物の空疎な言葉で満ちていたのとは対照的だった。日本の新聞が「分子コンピューター」のことを一行も伝えなかったのもやや気になった。 大統領は演説で、研究開発に取り組む技術として、話すのと同じ速度で同時通訳できる翻訳機械、鋼鉄の十倍もの強度を持つ新素材に加えて、分子コンピューターを挙げた。 分子コンピューターは、『現代用語の基礎知識』にも『知恵蔵』や『イミダス』にも掲載されていない。日本の大手メーカーも「日本ではどこも研究開発していないだろう」と話している。 専門家の話だと、分子コンピューターは「理論的には可能」とされている。装置のサイズの超小型化を図ることができて、計算速度が極めて速く、しかも消費電力が少なくて済むという大きな利点がある。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
春名幹男
春名幹男 1946年京都市生れ。大阪外国語大学(現大阪大学)ドイツ語学科卒業。共同通信社に入社し、大阪社会部、本社外信部、ニューヨーク支局、ワシントン支局を経て93年ワシントン支局長。2004年特別編集委員。07年退社。名古屋大学大学院教授を経て、現在、早稲田大学客員教授。95年ボーン・上田記念国際記者賞、04年日本記者クラブ賞受賞。著書に『核地政学入門』(日刊工業新聞社)、『ヒバクシャ・イン・USA』(岩波新書)、『スクリュー音が消えた』(新潮社)、『秘密のファイル』(新潮文庫)、『スパイはなんでも知っている』(新潮社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順