早くもマスコミを敵に回したプーチン氏

2000年2月号
カテゴリ: 国際
エリア: ロシア

 ロシア連邦政府軍と武装勢力の戦闘が続くチェチェン共和国で、政府軍に批判的な報道をしていた記者がロシア側に拘束され、捕虜のロシア軍兵士と交換に武装勢力側に引き渡された“事件”が発覚、大問題になっている。 武装勢力側に引き渡された記者は、米国系のラジオ局「ラジオ・リバティ」のロシア人記者であるバビツキー氏。同氏は首都グロズヌイの戦闘の模様を武装勢力側の立場から伝え、一月下旬にロシア政府軍に拘束された。その後、政府軍が武装勢力側の提案に応じ、同記者をロシア兵捕虜と交換したことが発覚した。ロシアのマスコミ業界が猛反発する中、プーチン代行に近いとされるチュバイス元第一副首相までが「この事件はプーチン政権にマイナスの影響を与える」と断言。若手改革派議員グループの「右派勢力同盟」などはプーチン政権を非難するとともに、この事件の徹底追及を求め始めた。 プーチン代行は目下のところ「言論の自由は保障する」と公言しているが、今回の事件はこれに逆行する措置。根っからの国家主義者とされているだけに、プーチン代行が水面下で何らかのマスコミ対策を練っていることは間違いないようだ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順