【焦点の人】カルマパ十七世(チベット仏教活仏) 中国政府に打撃を与えた十四歳「活仏」の「亡命」

執筆者:黒瀬悦成 2000年2月号
カテゴリ: 国際
エリア: 中国・台湾

 一月五日、十四歳のチベット人少年がインド北部ダラムサラに姿を現した。中国のチベット自治区から酷寒のヒマラヤを越えての決死の道行きだった。この少年、カルマパ十七世がチベット仏教で三番目に権威の高い高僧「転生活仏」(生き仏)、しかも四大宗派の一つであるカギュー派の最高位活仏だったことで、事態は中国とチベット自治区、チベット亡命政府などを巻き込んだ大騒動に発展した。 カルマパは、元々はチベット自治区東部チャムド県の遊牧民一家の子供に過ぎない。それが若くして同仏教界の最高位の一つに就き、今回の出国劇で世界中の耳目を集めるに至ったのを理解するには、まず同仏教独特の「輪廻思想」から知る必要がある。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top