沖縄の反米団体と連帯する韓国のNGOの目的

2000年3月号
カテゴリ: 国際 外交・安全保障
エリア: 朝鮮半島 日本

 最近、影響力を増している韓国の非政府組織(NGO)が、駐韓米軍撤収を重要課題として前面に押し出し、沖縄の反米団体と連帯しようという危険な動きを見せている。 駐韓米軍撤収を掲げる団体は駐韓米軍撤収国民運動本部など五つ。二月から駐韓米軍完全撤収や朝鮮半島での軍縮を呼びかけ、現在「米軍撤収十万人署名運動」で協調している。国家保安法廃止、韓米軍事同盟反対を主張する彼らは、インターネットを通じて「米軍の首ひとつを持ってくれば懸賞金五千万ウォン」という過激な宣伝活動も続けている。 また、七月の沖縄サミットに共同代表団を派遣し、日本の団体と協力して活動する計画もある。昨年から沖縄の反米団体と接触しており、サミットを利用して韓国と日本が共有する米軍問題を国際的に提示することで合意した。反米軍を掲げる日本の団体も、昨年十月にソウルで開かれた世界NGO大会の際、韓国の反米団体を訪問したり、新聞を通して日韓の協力を提案していた。 韓国当局は現在、金大中大統領が進める太陽政策に対する配慮から、反米団体、つまり親北朝鮮団体に対し、断固たる措置をとることができない状況にある。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順