【フォーサイトノンフィクション】 ブラック・ニッポン(上)

出井康博
執筆者:出井康博 2000年3月号
カテゴリ: 国際 社会
エリア: 北米 日本

一九三〇年代、大恐慌後のデトロイトの街に一人の日本人が現れた。その名は中根中。貧困と差別に苦しむ黒人たちの「カリスマ的指導者」となった彼は、黒人を組織し、日本の味方に付けようと企んだ――。知られざる現代史に光をあてる。 移民国家の米国にあって、「もう一つのアメリカ」と称される黒人社会。主流を占める白人社会とは異質な文化を維持してきた一方で、経済的にはヒスパニックやアジア系など後発の移民に追い抜かれ、貧困や犯罪といった問題に最も苦しんでいる。 この黒人社会には、白人社会との関係を巡り今も二つの流れが存在する。マーチン・ルーサー・キング牧師に代表される、白人と協力して人種平等を目指す人種融合派と、かつてマルコムXが唱えたように、黒人だけの国を建設しようという人種隔離派である。 数の上では前者が圧倒的であることに疑いはなく、後者の主張は現実感すら乏しい。ただし一九九五年、人種隔離派の急先鋒で、白人やユダヤ人への差別的発言でも知られる黒人モスレム団体「ネーション・オブ・イスラム(NOI)」の指導者、ルイス・ファラカンが主催した「百万人大行進」が、キング牧師による六三年の「ワシントン大行進」を凌ぐ数の黒人を首都へと集結させたことなどを見ても、黒人社会の不満は今も根強い。六〇年代の公民権運動を経て、制度的な人種差別が撤廃されて久しい米国にあっても、人種平等というキング牧師の夢は実現していないからである――。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
出井康博
出井康博 1965年岡山県生れ。早稲田大学政治経済学部卒。英字紙『THE NIKKEI WEEKLY』記者を経てフリージャーナリストに。月刊誌、週刊誌などで旺盛な執筆活動を行なう。主著に、政界の一大勢力となったグループの本質に迫った『松下政経塾とは何か』(新潮新書)、『年金夫婦の海外移住』(小学館)、『黒人に最も愛され、FBIに最も恐れられた日本人』(講談社+α文庫)、本誌連載に大幅加筆した『長寿大国の虚構 外国人介護士の現場を追う』(新潮社)、『民主党代議士の作られ方』(新潮新書)がある。最新刊は『襤褸(らんる)の旗 松下政経塾の研究』(飛鳥新社)。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順