米国株の調整を機にメッキは剥げ落ちる

執筆者:小暮史章 2000年3月号
カテゴリ: 経済・ビジネス 金融

バイオ株の高騰、原油市場への資金流入――。マネー市場と政治の駆け引きが続いている。郵貯マネーの大量流出が間近に控える中で、米国株高の映し絵に踊る日本のリスクは何か。〈あるファンドマネージャーは、ブラジル沖に島を買った。自らの国を作り、新規株式公開をするためだ。国の名前は、上昇、成長を意味する「GOING」。企業が利益を上げれば、税金を取る代わりに、報奨金を与える。 もちろん、そんな国は存在しない。が、もっともらしいリポートを流しておけば、投資家に怪しまれることはない。新興成長市場に投資しているファンドマネージャーが、実際にペルーやパキスタンを訪ねたことがあるのかい? もし本当に訪ねたいという人が現れたら、空港でテロが発生したと言えばいい。二の足を踏むから。 先進国で溢れた資金は、どんどん「GOING」国に流れ込む。ご多分に漏れずバブルはいずれはじけるに違いない。そうなったら、反乱が起き、政府が転覆されたことにするのさ。大統領はヘリで夕闇に消えて行く。すべては過ぎ行き(GOING)、そして過ぎ去る(GONE)――〉 この文章の作者は、米投資銀行モルガン・スタンレー・ディーン・ウィッターの投資戦略担当者であるパートン・ビックス氏である。昨今の情報技術(IT)ブームを皮肉った一文と思われようが、実は九四年初めに新興成長市場ブームの危うさを指摘したものだ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順