インテリジェンス・ナウ
インテリジェンス・ナウ

通信傍受ネットワーク「エシェロン」の真の目的

春名幹男
執筆者:春名幹男 2000年4月号
カテゴリ:

 世界最大の盗聴機関、米国家安全保障局(NSA)が世界に張りめぐらした通信傍受のネットワーク「エシェロン」に関する話題が最近、日本の新聞にも掲載されている。 だが、正確さを欠く記事が多いのは残念だ。ある全国紙は「スパイ活動の組織は『ECHELON(エシャロン)』と名付けられ、NSAが関与して一九七〇年代に発足」と伝えている。 ことし二月、欧州議会に提出されたエシェロンに関する報告書の内容を報じた記事だが、これだとエシェロンはまるで、NSAの傘下の新スパイ組織のように思える。 だが、エシェロンはいわゆるスパイ機関ではない。エシェロンについては昨年十月、本欄でも紹介したように、スーパーコンピューターを網羅した通信傍受ネットワークのことである。 一九九八年に欧州議会で、「アメリカはエシェロン通信傍受網を駆使して、欧州で産業スパイ活動をしている」といった批判が出されて以来、NSAと欧州議会の対決、といった様相を濃くしてきた。だが、実際は、エシェロン問題はもっと根が深く、アジアにまで及ぶ広範なスキームなのだ。 民間調査機関「国家安全保障アーカイブ」の上級研究員で、米政府の対外情報活動に詳しい、ジェフリー・リチェルソン氏によると、エシェロンとは「UKUSA世界監視ネットワーク」のことを指すコード名である。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
春名幹男
春名幹男 1946年京都市生れ。大阪外国語大学(現大阪大学)ドイツ語学科卒業。共同通信社に入社し、大阪社会部、本社外信部、ニューヨーク支局、ワシントン支局を経て93年ワシントン支局長。2004年特別編集委員。07年退社。名古屋大学大学院教授を経て、現在、早稲田大学客員教授。95年ボーン・上田記念国際記者賞、04年日本記者クラブ賞受賞。著書に『核地政学入門』(日刊工業新聞社)、『ヒバクシャ・イン・USA』(岩波新書)、『スクリュー音が消えた』(新潮社)、『秘密のファイル』(新潮文庫)、『スパイはなんでも知っている』(新潮社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順