エイベックスとデジキューブ 二つの事件の「点と線」

2000年4月号
カテゴリ: 経済・ビジネス

 四月五日と六日の両日、日本を代表するエンターテインメント系企業二社が新聞社会面をにぎわした。一つは音楽ソフト大手エイベックスの約三億円の申告漏れ。もう一つはゲームソフト大手スクウェアの子会社で、コンビニ向けのソフト配信などを手掛けるデジキューブ本社に二発の銃弾が撃ち込まれた事件だ。 捜査関係者は、この二つの事件について「微妙なつながりを感じる」と話し、次のように解説する。 発端はデジキューブが進めるコンビニへの娯楽ソフト配信事業で、デジタル配信技術会社と仲たがいを起こしたことにあるという。この配信技術会社は広域暴力団と関係の深い大手音楽プロダクションと密接な関係にある。一方でエイベックスはこの配信技術会社との関係が深い。エイベックスの申告漏れはデジキューブによる密告ではと疑った裏の勢力が、報道されたことの腹いせに報復の銃弾を撃ち込んだのではないか、というわけだ。 あまりに出来過ぎた推測に聞こえるものの、デジキューブの玄関ドアに残された二発の弾丸は明らかに裏社会からの警告といえる。真偽は別にして、日本の娯楽産業の暗い裏側を思い起こさせる事件だった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順