末期症状を思わせるマハティール政権の醜悪

2000年4月号
カテゴリ: 国際

 アンワル前副首相逮捕による党内の対立激化を避けるため、一年延期されたマレーシアの与党・統一マレー国民組織(UMNO)の役員選挙が五月十一日に迫った。マハティール首相の党総裁就任は確実で、注目はナンバー2の筆頭副総裁ポストだったが、ダークホースとみられたラザレイ元蔵相が脱落し、アブドラ・バダウィ副首相が選出されることがほぼ決定的になった。 これに安心したのか、政府・与党はこのところ、野党の徹底的な締め付けに出ている。アンワル逮捕以降、政府批判で急激に部数を伸ばしたイスラム野党PASの機関紙を週二回刊から月二回刊に制限したのもその一つ。反発した野党支持者が三月に抗議デモを行なったが、警察当局はクアラルンプール市内での屋外集会禁止という強硬措置で対抗した。 また、与党が政権を握るマラッカ州政府は、昨年十一月の総選挙の際、野党を支持した職員がいたことを理由に銀行から定期預金を引き揚げたり、野党支持とみられる業者などを完全に取引から締め出すという露骨な野党苛めを行なっている。 表面的には安泰にみえるマハティール政権だが、一連の動きは末期症状を思わせる醜悪さだ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順