饗宴外交の舞台裏
饗宴外交の舞台裏(28)

「鬼門の地」エルサレムで政治家ぶりを見せた法王

西川恵
執筆者:西川恵 2000年4月号
カテゴリ: 国際

 ローマ法王ヨハネ・パウロ二世が三月二十日から二十六日まで、ヨルダン、イスラエル、パレスチナを歴訪した。法王は二月、預言者モーゼが「十戒」を授かったシナイ山(エジプト)を訪れたのを皮切りに聖地巡礼を行っているが、イスラエルとパレスチナの訪問は最大のハイライトでもあった。 中東和平交渉をめぐる綱引き、ユダヤ教徒とキリスト教徒の歴史的確執と、政治、宗教、民族の対立が渦巻くこの地を訪れる法王はどのようなメッセージを投げるのか。各国の耳目が法王の一挙手一投足に集まった。というのも、この地では何人もの外国の首脳がその言動で痛い目にあっているからだ。イスラエル側にもパレスチナ側にも踏み外すことは許されない。ここでは地雷原を行くがごとき繊細な神経とバランス感覚が要求される。 今年二月、イスラエルを訪問したジョスパン仏首相は、南部レバノンのイスラム教シーア派民兵組織の活動を「テロ」と表現し、パレスチナの人々の憤激を買った。あわてて訂正したがもう遅い。外交を専管事項とするシラク仏大統領との齟齬も露呈するなど、国内政治にまでハネ返った。クック英外相が「入植地建設が中東和平の阻害要因」であることを示すため東エルサレムのユダヤ人入植地を訪問し、これに激怒したネタニヤフ首相が歓迎晩餐会を中止したことは二年前にこのコラムでも紹介した。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
西川恵
西川恵 毎日新聞客員編集委員。1947年長崎県生れ。テヘラン、パリ、ローマの各支局長、外信部長、論説委員を経て、今年3月まで専門編集委員。著書に『エリゼ宮の食卓』(新潮社、サントリー学芸賞)、本誌連載から生れた『ワインと外交』(新潮新書)、『国際政治のゼロ年代』(毎日新聞社)、訳書に『超大国アメリカの文化力』(岩波書店、共訳)などがある。2009年、フランス国家功労勲章シュヴァリエ受章。本誌連載に加筆した最新刊『饗宴外交 ワインと料理で世界はまわる』(世界文化社)が発売中。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順