我が体験的ベンチャー企業論

成毛眞
執筆者:成毛眞 2000年4月号

ベンチャー・ブームはホンモノか、それとも一過性のものに終わるのか――。数々のベンチャー企業を見続けてきたIT企業トップが語る「日本のベンチャーの可能性」。 私は今年の五月一日をもってマイクロソフト日本法人の社長を辞める。就任して八年半。社長業も一つの仕事であるという点では他と変わるところはないので、正直なところ、五年も続ければ飽きがくる。すでに二、三年前から、「次は何をしようかな」と考え続けていた。 そこにきて言わずと知れたベンチャー・ブームである。私は昨年十一月から、ディー・ブレイン・キャピタルが運営している「インターネット成長未公開企業ファンド」のファンドマネジメントアドバイザーを務めており、ベンチャー企業が立ち上がる現場をいくつも見つめてきた。毎週、数社のベンチャー経営者たちに会い続けていると、十社に一社くらいは「個人的に出資しても良いかな」と思える会社もあり、実際に出資したところもある。こうした熱気を肌で感じているうち、すでに大企業になったマイクロソフトで社長を続けているより、自分でリスクを背負って事業がしたいとの思いが断ちがたくなってきた。そこで、今年中に新たに、ITコンサルティングと株式投資を柱とする会社を立ち上げることに決めた次第である。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
成毛眞
成毛眞 中央大学卒業後、自動車部品メーカー、株式会社アスキーなどを経て、1986年マイクロソフト株式会社に入社。1991(平成3)年、同社代表取締役社長に就任。2000年に退社後、投資コンサルティング会社「インスパイア」を設立。さまざまなベンチャー企業の取締役・顧問、早稲田大学客員教授ほか、「おすすめ本」を紹介する「HONZ」代表を務める。著書に『本は10冊同時に読め!』『日本人の9割に英語はいらない』『就活に「日経」はいらない』『大人げない大人になれ!』『ビル・ゲイツとやり合うために仕方なく英語を練習しました。 成毛式「割り切り&手抜き」勉強法』など(写真©岡倉禎志)。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順