なぜ、いま「首相公選制」か

2000年5月号
カテゴリ: 政治
エリア: 日本

「首相公選制」が、現実味を持った選択肢として浮上してきた。 古くは中曾根元首相が昭和20年代に提唱したが、およそ実現不可能として長らく議論の俎上に上ることはなかった。しかし、昨今の憲法改正論議の高まりとともに、さまざまなレベルで首相公選制が論じられるようになってきた。 昨年9月、同時期に行なわれた自民党と民主党のそれぞれの党首選で、自民党の山崎元政調会長と民主党の鳩山幹事長代理(現代表)が、首相公選制の導入を憲法改正の一つの柱として主張。今年1月に、小渕前首相の私的有識者懇談会「21世紀日本の構想」が提出した最終報告書には、中長期的な課題として首相公選制の是非の論議を始めるべきとの提言が記されていた。同月衆参両院に設置された憲法調査会でも、憲法9条問題と並んで、首相公選制の導入が主要テーマの一つに上っているという。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順