クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?
クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?

ある「ビルマの竪琴」物語

徳岡孝夫
執筆者:徳岡孝夫 2000年5月号
カテゴリ: 国際

 いまは道路ができ車が走るが、昔はチェンマイまで何かを買いに行こうと思えば、往復に丸六日かかった。そういう辺鄙な、北部タイのビルマ国境に近いある村の話が「バンコク・ポスト」(四月二十日)にあった。タイの英字紙だから、日本人読者を予想して書いた記事ではない。 昔、何千人もの日本の兵隊が、このクンユアム村を通って、密林の中の道をビルマに進軍していった。 何年か経って再び日本兵が、こんどはビルマから出てきた。疲れ、傷つき、病んだ者が多かった。元気な人は竹でイカダを組み、川を下っていった。途中に大きな滝があり、全員が死んだ。陸路を選んだ人々はチェンマイからバンコクへ、烈日の下を歩いていった。 戦争は終わったが、病気や負傷して歩けない日本兵は村に残った。民家に分宿し、村人が畑仕事に出るあいだ、子供の面倒を見てくれた。子らは、兵隊から日本の歌を教わり、一緒に歌って覚えた。いまでも歌える。二年以上も、日本軍はそうして村で暮らした。 軍紀は厳しく、女には絶対に手を出さなかった。部隊長が違反者は銃殺すると命令したのだという噂だった。世話になっている村人を敵にしたくなかったのだろう。 だが村の娘と恋をし、子供を生ませて村に残った兵がいた。タイ人になりきっていたが、何十年かしてタイの役人が来て見つけ、連れていった。帰国の途中に死んだという話だ。最近日本人が来て、遺児だか係累だかが日本に留学することになった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
徳岡孝夫
徳岡孝夫 1930年大阪府生れ。京都大学文学部卒。毎日新聞社に入り、大阪本社社会部、サンデー毎日、英文毎日記者を務める。ベトナム戦争中には東南アジア特派員。1985年、学芸部編集委員を最後に退社、フリーに。主著に『五衰の人―三島由紀夫私記―』(第10回新潮学芸賞受賞)、『妻の肖像』『「民主主義」を疑え!』。訳書に、A・トフラー『第三の波』、D・キーン『日本文学史』など。86年に菊池寛賞受賞。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順