【インタビュー】川崎潮(ドリームバイザー・ドット・コム代表取締役社長) 製造業の時代がまた到来しつつある

2000年5月号

 株主還元率(TSR)など新しい指標を用いての企業ランキングを、マーケットのプロはどう読み解くか。 ソシエテジェネラル証券で日本のインターネット関連銘柄の株価指標「SG e-インデックス・ジャパン」の開発を担当し、現在は自ら立ち上げたオンライン投資情報会社、ドリームバイザー・ドット・コムの代表取締役を務める川崎潮氏に聞いた。――アナリストとして、今回のランキングから何を読み取りますか?「まず、地味な企業と派手な企業が混在しているのが特徴ですね。 上位につけているユニオンツール(七位)、シチズン電子(九位)、東亜バルブ(八位)、船井電機(一三位)、セーラー万年筆(一八位)、丸石自転車(一九位)などは地味なグループ。こうした企業がランク入りしていることから、ソフトの時代と言われてきた産業の流れがまた変わって、これからまたハード、製造業が強くなる時代が到来しつつあるといえる。 ウィンテル時代、パソコンなどのハードはコモディティ(付加価値の低い商品)化が進んできましたが、最近では『ソフトに服従しないハード』が登場しています。NTTドコモ(三二位)やトヨタ自動車が株式市場で人気を集め続けるのは、iモードやカーナビゲーションという、パソコンを脅かすようなITの新しいプラットフォーム(顧客と企業の接点となる基盤)を押さえているからです」

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順