“勝利の方程式”を模索する新旧IT企業群の命運

ランキング一〇〇位の大半はIT関連企業が占めた。IT経済では日々、新たなビジネスが生まれ、淘汰も進む。いまだ勝者なき混沌を四つに分類しつつ、未来の「株主重視型企業」を探る。 IT(情報技術)が世界、そして日本の経済の鍵を握っている。ITが既存の企業の生産性を向上させることは確かだが、経済の成長なり復興なりは、ITを業とする企業の成長があってはじめて達成される――。こうした認識こそ広まってきたものの、IT企業が成長を果たすためのビジネスモデルとなると、暗中模索が続いている。 インターネットは、起源を米国の軍用ネットに持ち、民間へ開放されてからも主に学術利用されてきたという経緯から、長らく無料が前提だった。だからこそネットには柔軟性が生まれ、米国を中心に様々なビジネスモデルが登場する素地にもなったのだが、淘汰も繰り返されている。 ハイテク製品・部品に関連するモノづくり事業でさえ、勝てるビジネスモデルはクルクル変わる。IT経済の本命と目されるソフトやサービスを担うネット企業ともなれば、米国でさえその大半は赤字経営というのが実状だ。 とはいえ、ネットビジネスそのものには、四つのカテゴリーができつつある。(1)インフラ、(2)コンテンツ、(3)Eコマース、(4)カスタマイズである。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順