【今月の2冊】 戦後日本の意識を変えた「CIA秘密工作」の実態

2000年5月号
カテゴリ: 国際 書評
エリア: 北米

「労働界、学術界、文化、芸能、市民運動に至るまで、米秘密工作の跡をたどった。日本国民の対米観を改善し、『親米』『反共』心理を醸成する心理作戦を展開していたことも分かった。アメリカは日本人の意識改革に成功したと言っても過言ではない」(春名幹男『秘密のファイル――CIAの対日工作』共同通信社刊 上下巻各一八〇〇円) 数年前、ニューヨークタイムズが、一九五〇、六〇年代にCIAが自民党に資金援助をしていたことを暴露し、大きな話題を呼んだが、これまでもCIAの対日秘密工作については、断片的には報じられてきた。しかし、堅固な証拠が提示されたことはなかった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順