「スペインは好調」

執筆者:黒田健哉 2000年5月号
カテゴリ: 国際 金融
エリア: ヨーロッパ

中道右派の改革路線が生んだ欧州の新たな成功モデル[マドリッド発]一九七〇年代まで、欧州の人々にとってスペインは「ピレネーの向こう側」だった。実際、スペイン国民自身が、国境を越えてフランスに出かける時、「ヨーロッパに出かける」と言ったものである。歴史に輝かしい大航海時代を持ち、広大な国土と温暖な気候に恵まれながらも、長い経済停滞と外交的孤立が続いたこの国は、欧州の人々にとってすら「闘牛とフラメンコの国」に他ならなかった。しかしそのスペインが、欧州の政治・経済・社会をかき回し始めている。企業のめざましい国際展開「私がイメージしていた新内閣が出来て満足。新しいスペインの始まりだ」――四月二十七日、ホセ・マリア・アスナール首相は、組閣後、満面に笑みをたたえながらこう語った。 三月十二日の総選挙では、直前まで与野党の拮抗が予想されていたが、フタをあけてみればアスナール首相率いる与党・国民党(中道右派)が地滑り的大勝をおさめ、結党以来の単独過半数を獲得した。今回発足した内閣は、副首相、蔵相、内相など主要ポストに前内閣の閣僚を登用し、その他ほとんどの閣僚も国民党で占めた正真正銘の「国民党内閣」だ。 四年前の選挙では、十四年間続いた社会労働党政権(ゴンサレス首相)を破って第一党の座は獲得したものの、下院で過半数には及ばず、カタルーニャ同盟、バスク国民党などとの連立を強いられていた。新政権では地方政党との利害調整に心を砕く必要はないから、首相にとってはイメージ通りの理想型であることは間違いない。予想を超えた与党の勝利はスペイン国民の高揚感と経済的活況を裏付けるものであり、アスナール政権への強力な支持の現れといえる。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順