現代財閥「民間外交」の功績と限界

執筆者:草壁五郎 2000年6月号
カテゴリ: 国際 金融
エリア: 朝鮮半島

対北朝鮮事業に執着する韓国現代グループ経営危機の真相[ソウル発]韓国最大の財閥、現代グループが揺れている。 資金ショートを起こして経営危機が叫ばれていた現代グループの鄭周永名誉会長(八四)は五月三十一日、「今日からすべての経営の第一線から退き、さらに鄭夢九現代自動車会長(六二)、鄭夢憲会長(五一)もいっしょにすべての経営の一線から退く」と発表した。現代グループ支援の条件として、韓国政府や金融機関は鄭周永名誉会長の退陣を要求していたが、それを上回る「トップ三人同時退陣」の発表は内外に大きな衝撃を与えた。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順