インテリジェンス・ナウ
インテリジェンス・ナウ

フジモリ再選で注目される黒幕モンテシノスの動向

春名幹男
執筆者:春名幹男 2000年6月号
カテゴリ: 国際
エリア: 中南米

「フジモリさんは国際世論のことなど全く分かっていないんだ。モンテシノスが陰で何をやっているのか知らないけどね」 日ごろは温厚な日本政府高宮が、ペルー大統領選決選投票で日系二世のアルベルト・フジモリ氏が勝利したと聞いて、苦虫を噛みつぶしたような表情でそう言った。 モンテシノスとは、この欄でも過去三度触れたペルー国家情報局(SIN)の顧問ブラディミロ・モンテシノス氏のことである。 モンテシノス氏は、一九九〇年、彗星のように登場したフジモリ大統領とともに政権を裏から支えてきた、情報機関の事実上のトップだ。 日本はペルーに中南米で最大の政府開発援助(ODA)を供与しているが、日本では、フジモリ政権の陰の部分はあまり伝えられてこなかった。日本の政府もメディアも、日系二世の大統領ということで追及が甘かったことは否定できない。「いや、一九九二年四月の“自主クーデター”の時には、日本政府は『ODAを引き揚げるぞ』と強く警告したんですよ」と、この日本政府高官は言う。 あの時、フジモリ大統領は突然、憲法を停止して国会を閉鎖、汚職判事を大量解雇し、非常国家再建政府を樹立した。大統領が自らクーデターを起こすという前代未聞の異常な事態で、「自主クーデター」と呼ばれた。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
春名幹男
春名幹男 1946年京都市生れ。大阪外国語大学(現大阪大学)ドイツ語学科卒業。共同通信社に入社し、大阪社会部、本社外信部、ニューヨーク支局、ワシントン支局を経て93年ワシントン支局長。2004年特別編集委員。07年退社。名古屋大学大学院教授を経て、現在、早稲田大学客員教授。95年ボーン・上田記念国際記者賞、04年日本記者クラブ賞受賞。著書に『核地政学入門』(日刊工業新聞社)、『ヒバクシャ・イン・USA』(岩波新書)、『スクリュー音が消えた』(新潮社)、『秘密のファイル』(新潮文庫)、『スパイはなんでも知っている』(新潮社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順