「毎日利権」を狙って朝日・読売が連携か?

2000年6月号

 長期低迷を続ける毎日新聞社に新たな「危機」が持ち上がっている。こともあろうに、犬猿の仲と目されていた朝日新聞と読売新聞が密かに連携、「毎日潰し」に乗り出したという情報が業界を駆けめぐっている。 新聞界も御多分に漏れず、混迷の真っ直中にある。長引く不況による広告収入の低下、購読者の減少、電子メディア参入のための過大投資など経営圧迫要因に事欠かない。朝日と読売は部数獲得競争で激しくしのぎを削ってきたが、読売一千万部、朝日八百万部で頭打ちの状態。そこで、「まずは手っ取り早く毎日の四百万読者を食い合うことで利害の一致を見た」(業界関係者)という。 しかし、両社の「毎日潰し」の狙いは、実はもう一つあるようだ。「創価学会に手を引かれたら我が社はたちまち倒産」(毎日社員)というほど学会に依存している毎日にとって、経営の屋台骨を支えているのが創価学会の機関紙、聖教新聞の委託印刷であることは周知の事実。毎日が潰れれば朝日、読売が代わりに委託印刷を引き受ける可能性が高く、「実際、読売はすでに関西での聖教新聞の委託印刷を狙っている」(業界関係者)。政治のみならず、新聞業界の命運も学会の一存にかかっているのか。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順