「独裁」に布石が打たれたプーチン人事

執筆者:桜井薫 2000年6月号
カテゴリ: 国際 金融
エリア: ロシア

要所要所に「サンクトペテルブルク人脈」を配して……[モスクワ発]ロシアのプーチン大統領が新政権の陣容を固めた。エリツィン前政権時代の主要閣僚や幹部がほぼ留任。一見、何ら変哲のない人事政策のように映るが、要所には自らの側近を配置し、将来の「独裁」体制確立に向けた布石を打っている。次期首相候補のクドリン氏 まずは新内閣の陣容をみてみよう。前内閣の第一副首相から順当に昇格したミハイル・カシヤノフ首相は、エリツィン前政権の「ファミリー」だった政商ベレゾフスキー氏や石油王のアブラモビッチ氏(いずれも現下院議員)との親密な関係がとりざたされている。カシヤノフ氏の首相登用の背景に、両氏の政治的圧力があったとの説もある。 もっともカシヤノフ氏は対外債務問題の専門家。出身の大蔵省内でも「国内の金融・財政政策は全くの素人」と評される。組閣段階で“首相の威厳”を求めた同氏の要望に添い、プーチン大統領は新内閣に第一副首相ポストを置かないことに同意したが、その見返りとして、合計五人の副首相の中核に自らの側近を送り込んだ。アレクセイ・クドリン前大蔵第一次官である。 クドリン新副首相はプーチン大統領のサンクトペテルブルク市行政府勤務時代の同僚。今春、大統領選挙のキャンペーン用に出版したインタビュー本の中でも「信頼できる人物」としてセルゲイ・イワノフ現安全保障会議書記とともに、クドリン氏の名前を挙げている。「実直で職業意識に徹した仲間」(大統領)というのだ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順