朝鮮ナショナリズムを支える南北の濃い「同民族度」

執筆者:浅井信雄 2000年7月号
カテゴリ: 国際 文化・歴史
エリア: 朝鮮半島

 歴史的な南北朝鮮首脳会談(二〇〇〇年六月)をめぐり、「平壌に着いてみればわが民族の土地だった」(南の金大中)、「われわれは同じ民族なのだ」(北の金正日)と、自明の言葉が飛びかった。同民族の絆をたたえる朝鮮ナショナリズムの高揚である。 米国中央情報局(CIA)の一九九九年七月現在の推定人口は、韓国四千六百八十八万四千八百人、北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)二千百三十八万六千百九人である。南北を通じて住民の同質性は、世界的にも高いとされる。つまり「同民族度」が濃く、帰属意識を強く共有するわけだ。 朝鮮半島に人間が居住し始めたのは約五十万年前であると、発掘された旧石器時代の遺物によって推定されている。しかし、朝鮮半島の今日の住民の起源は彼らではなく、そのはるか後の新石器時代(紀元前四〇〇〇―三〇〇〇年)と推測されるが、確たる根拠は得られていない。 朝鮮民族の儒教的価値観や朝鮮語の成立に大きな影響を与えたのは、中国である。紀元前二〇〇〇年頃、早くも中国から新しい陶器文化が流入している。厳冬期、半島北部の河川が凍結するため、どの時代にも中国大陸との間で人の往来があり、拡散力の強い中華文明の影響を受け、かつ中華文明の日本への伝達者としての誇りを持つ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順