日米サイバー同盟の構築を

執筆者:山田英幾 2000年7月号
カテゴリ: 国際 外交・安全保障
エリア: 北米 日本

サイバー軍事力の登場により、日米同盟は変貌を強いられている。この分野の整備で、日米はより対等な同盟に近づくのでは。「国益にもとづいた長期安全保障戦略を持たない経済大国」という言葉が、これまで幾度繰り返されただろうか。 ソ連が消滅して冷戦が終わったときも、誕生したばかりのクリントン政権が強い姿勢で、結果重視の経済政策をぶつけてきたときも、自衛隊がPKO(国連平和維持活動)として初めて海外に出たときも、米兵の少女暴行事件に端を発した沖縄の基地問題が、大きな政治課題になったときもそうだった。そして先月、朝鮮半島で初の南北首脳会談が実現し、大方の予想を大きく超える進展を見せたときも、「長期安保戦略の不在と必要性」が様々な言葉で主張された。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top