饗宴外交の舞台裏
饗宴外交の舞台裏(31)

フセイン大統領夫人「極秘訪日」10年目の真実

西川恵
執筆者:西川恵 2000年7月号
カテゴリ: 国際
エリア: 中東

 イラクがクウェートに侵攻した湾岸危機から八月二日で十年を迎える。湾岸危機とそれに続く戦争は、中東に新秩序をもたらし、イスラエル・パレスチナ和平を中心とした包括和平に道を開いた。この十年、中東の政治地図は著しく変貌したが、当のフセイン・イラク大統領だけは孤立感を深めながらも権力を保持している。 ところでいま振り返ると、西側諸国には「イラクのクウェート侵攻はあり得ない」とタカをくくっていたフシがあった。イラク軍はクウェート国境に集結していたが、これはフセイン大統領一流の駆け引きで、武力で他国を併合するような時代錯誤的なことはよもややるまいと思い込んでいたのだ。日本も同様だったことは、イラク軍侵攻時、イラク、クウェート駐在の日本大使がいずれも夏季休暇をとって任地を離れていた一事からも明らかだ。 もちろん日本も情報収集はやっていた。侵攻の数日前には、バグダッドの日本大使館員がわざわざ陸路クウェートに買出しに行き、国境の様子をうかがった。「行き帰りの国境検問はあっけないほど簡単で、差し迫った軍事行動をうかがわせるような緊張感はない」と本省に報告されている。 実のところ日本は、フセイン大統領夫人のサジーダさんの極秘の動向にからんで、他国以上に「侵攻はない」との心証をもっていた。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
西川恵
西川恵 毎日新聞客員編集委員。1947年長崎県生れ。テヘラン、パリ、ローマの各支局長、外信部長、論説委員を経て、今年3月まで専門編集委員。著書に『エリゼ宮の食卓』(新潮社、サントリー学芸賞)、本誌連載から生れた『ワインと外交』(新潮新書)、『国際政治のゼロ年代』(毎日新聞社)、訳書に『超大国アメリカの文化力』(岩波書店、共訳)などがある。2009年、フランス国家功労勲章シュヴァリエ受章。本誌連載に加筆した最新刊『饗宴外交 ワインと料理で世界はまわる』(世界文化社)が発売中。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順