【焦点の人】バッシャール・アサド(シリア新大統領) 父の「遺産」と矛盾する若き二代目の「改革」志向

執筆者:村上大介 2000年7月号
カテゴリ: 国際
エリア: 中東

 六月十日に急死したハーフェズ・アサド大統領が三十年にわたり君臨したシリアで、後継指導者の地位を固めた次男のバッシャール・アサド新大統領(三四)は、経済開放やコンピューター普及を唱える「新世代指導者」のイメージが強い。しかし、独裁政権の多い中東諸国でも共和制下の権力世襲は初めてのケースであり、改革を志向する若き指導者にとって、父の築き上げた独裁体制と、それを支えた強権的統治手法を継承せざるを得ないという「負の遺産」はあまりに大きいとしか言いようがない。 バッシャール氏は、もともと政治を志していたわけではなかった。一九六五年九月生まれの同氏は、八二年から八八年までダマスカス大学医学部で学び、卒業後、ダマスカスのティシュリーン軍事病院に眼科医として勤務。九二年にロンドンに留学したが、留学生活は九四年一月、父アサド大統領が後継者として手塩にかけて育てていた兄バーセル氏の不慮の交通事故死で打ち切られることになった。 バッシャール氏の帰国の経緯に関する公式的な説明は「愛国心に駆られ、兄の跡を継ぐべく自発的に帰国した」ことになっているが、実際は父アサド大統領の命令で呼び戻され、急遽「帝王学」を仕込まれることになったというのが真相のようだ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順