政策ブレーンから読むブッシュとゴアの政権構想

執筆者:ブルース・ストークス 2000年8月号
カテゴリ: 国際
エリア: 北米

共和、民主両党の正副大統領候補が出そろい、十一月の投票に向けて選挙戦最終ラウンドの幕があがった。それぞれ当選の暁にはいかなる政権を作るのか。ブッシュとゴアの政策ブレーンの顔ぶれから次の米政権を先読みする。[ワシントン発]ハーバード大卒のゴア候補とイェール大出身のブッシュ候補は、エリート臭を消すために、「庶民の靴」カウボーイブーツをよく履くのだが、その趣味には微妙な違いがある。それに比べると、二人が掲げる外交、通商、国際経済分野における政策の何と似通っていることか。 ゴアとブッシュはともに「国際主義者」で、すでに「ポスト冷戦時代に合わせた世界観を構築している」という。両者は「アメリカが引き続きアジア地域に関与していく」ことを表明し、そろって「自由貿易主義」を標榜。両党の過激派が何を言おうと「保護主義および孤立主義には反対する」ことを明確にしている。ただし、子細にみれば、もちろん違いはある。 ゴアが地域紛争解決や災害復旧など人道的支援のための米軍の海外派遣に積極的なのに対し、ブッシュは海外への派兵はアメリカの国益に叶う時に限定すべしと考えている。また、ゴアが多国間の軍備管理交渉推進派であるのに対し、ブッシュはその効用に懐疑的だ。むしろ彼は、NMD(米本土ミサイル防衛)開発に熱意を示す。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順